脂身の多い肉や中華料理を食べてぺちゃぱい解消

ぺちゃぱいを解消するには、とにかく食べることです。食事制限をすると、胸が小さくなります。ぺちゃぱいを解消するには、肉を食べるのが1番です。肉は牛肉や豚肉を食べるようにしています。脂肪が多い部分を食べるようにします。

豚肉にパン粉を付けて、油で揚げます。それにソースかタルタルを付けて食べるのがバストアップに効果的です。牛肉はステーキのような脂身の多いものを食べるのがポイントです。
(関連参照サイト)ぺちゃぱいをマジでcカップにしたい!

ぺちゃぱいを解消するのに効果的なのが、ベーコンやソーセージを食べるのも効果的です。トマトケチャップやマヨネーズを食べるようにします。

ポテトも効果的です。ポテトをスティック状にして、それを油で揚げます。それにトマトケチャップを付けて食べます。ポテトスープにベーコンを入れて食べるのもいい方法です。

ブロッコリーにマヨネーズを付けて食べたり、野菜で効果的なのがニンジンです。

ヨーグルトや牛乳も効果的です。ヨーグルトにバナナやイチゴを潰して入れて食べます。パンにジャムとマーガリンを塗って2枚ほど食べます。

大豆を煮て食べるとバストアップに繋がります。その大豆を1日3食にお茶碗1杯を食べます。

餃子やチンジャオロース、麻婆豆腐なども胸が大きくなります。油を使った料理が効果的です。

胸小さい悩みには運動とストレッチでバストアップ 

バストの形や胸小さいことに悩んでいた時に3カ月続けたら効果が実感できた方法をお教えしたいと思います。

始めた当初はBカップでした。

まず、運動。胸に筋肉をつけ、垂れないバストを目指すものです。お笑い芸人のオードリーの春日がやっている「カスカスダンス」

これはいいです。胸が大きく開きますし、胸に筋肉がつきます。次にダンベル体操。

1キロほどのダンベルを持って上にあげながら上半身を横に曲げ10秒キープ。脇の贅肉を落とし筋肉をつける目的です。左右20回。

あとは夜寝る前にバストマッサージとストレッチです。

上半身裸になり、背中からバストへ、二の腕から脇を通ってバストへ脂肪をバストに戻すようなイメージでマッサージを各3回。

バストを上に持ち上げでプルプル揺らしながら20秒揉みほくします。そのあと乳首を優しく20秒揉みほぐします。

また最初の脂肪を戻すマッサージをして終わりです。最後にストレッチですが手のひらを胸の前で合わせて大きく息を吸って10秒で吐きながら押し合います。

これを5回やって終了です。これを3カ月続けたところ、胸の谷間のボリュームが出てきました。

3年ほど続けていますが当時よりも3キロほど太ったせいもありますが、BカップからDカップになりました。

形もいいと言われます。マッサージは旦那様や彼にやってもらうといいみたいですね。

セックスをして女性ホルモンを活発に出すというのも効果的かもしれません。

一目ぼれのニットを試着してみたらより胸が小さく見えてがっかり。

学生時代にお気に入りの一目ぼれのニットを帰り道のお店で見つけて何度も何度もお店をのぞいてはチェックをしていたことがあります。

当時ではちょっと大人な雰囲気のお店だったために学生の私にはお値段的に高そうだったので入店をするのをためらってしまっていたのです。

4回ほどそのお店の前を通りがかりやっぱりまだ気になっていたので思い切ってお店に入ってみたら試着をすすめてもらったのでウキウキ気分で早速試着をさせてもらったのです!

すると鏡に映った自分の姿はぴったりフィットするニットだったために相当な胸元のさみしさが強調されていていたのでした。

もともと小さめで悩んでいた胸がこれでもかというくらいに強調するかのようなデザインニットになっていて実物よりもより貧乳に見えてこれはだめだ~と心の中で即つぶやいてしまったのでした。

そして、肝心のお値段も一応チェックしてみるとなんと1万8000円という大人価格でもありやっぱり2度ひいてしまったのでありました。

それ以来ぴたっとフィットした体のラインがきれいに見えるニットに手を出すのが本当に怖くってためらってしまう自分がいたりするのです。

ふんわりトップスや胸元が目立たないデザイントップスを積極的に選ぶ自分が今でもいるのです。

やっぱり小さい胸はどうしても小さいのでできるだけボリューム感が出てみえる服探しをしてコンプレックスを消し去りたいな~と思うのです。せっかく大好きな服を着ても鏡に映る自分自身にショックを受けてしまうなんて最悪だと思うのでやはりテンションがアップする服を試着してしっかり見つけていこうと気合が入るのです。

好きな服と似合う服は違うとはよく言う言葉ですが納得してしまったのでした。